文字サイズ

清和綜合建物

沿革

1957年(昭和32年)
清和興業株式会社 設立

第一銀行(現みずほ銀行)の店舗・社宅等の保有・管理を目的として、
第一銀行馬喰町支店内に開設.資本金1,500万円.

1958年(昭和33年)
第一号物件となる「堂島第一ビル」が竣工.大阪事務所(現大阪事業部門)を設置.
1962年(昭和37年)
資本金6,000万円に増資
1965年(昭和40年)
青朋ビル株式会社 設立

地元青山の地権者と共同出資により、日本住宅公団(現都市再生機構)の
特定分譲施設譲受方式による複合ビル建設を目的として設立.

1971年(昭和46年)
本社を第一銀行銀座支店内に移転
1976年(昭和51年)
資本金1億2,000万円に増資
1989年(平成元年)
株式会社清和クリエイト 設立

不動産運用の企画受託事業を目的として、資本金3,000万円にて設立.

資本金7億9,500万円に増資
1990年(平成2年)
本社を芝大門に移転

業容拡大・人員増加を踏まえ東京都港区に自社ビルを建設.

2004年(平成16年)
清和綜合建物株式会社に社名変更
株式会社日比谷ビルディングと合併

1950年設立の第一銀行関連不動産会社で日比谷・虎ノ門等にオフィスビルを保有する
株式会社日比谷ビルディングを合併.

2006年(平成18年)
資本金12億2,500万円に増資
2007年(平成19年)
創立50周年
2012年(平成24年)
兜町ビルの壁面に「銀行発祥の地 兜町ビル歴史パネル」を設置
CSR活動として東京都と森林整備に関する協定を結び「企業の森」事業に参画
2017年(平成29年)
株式会社清和クリエイトを合併
2020年(令和2年)
株式会社ユウシュウ建物の不動産事業を統合し継承

1893年(明治26年) 第一国立銀行関連任意団体「有終會」(会長 渋沢栄一)として発足し、
1949年(昭和24年)設立の 合資会社有終會 を前身とする株式会社ユウシュウ建物と事業統合.

清和綜合建物の歩み 60年以上に亘る清和綜合建物の歴史を、数々の物件とともにご紹介します。
page top